スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

密偵

「ねえ、グラス」

「なんだ」

続きを読む
スポンサーサイト
01:45 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

ある市場の一角

そこの別嬪なお嬢ちゃん!ちょっと見ていっておくれ。
お嬢ちゃん?聞こえてるんだろう?そうそうあんただよ。
はは、お嬢ちゃんは別嬪だとも、こんな魅力的な子を放っておく程ワシも耄碌してはおらんよ。

それでだ、少し見て行ってはくれまいか?
なぁに、怪しいものじゃない。
ワシはちょっとした武器屋でね、良い品が入ったんで市場までやって来たんだよ。
なに?武器は必要ない?
まぁまぁ、そう言わずとも良かろう。
見て行くだけでもしておくれ、後悔はさせないから。

どうだろうか、ここまで良い品が一度に入ったのは初めてなんだよ。

鋼をも切り裂く、名工作の大剣。
白波の様な波紋がとても美しい名刀。
鮫の牙を加工して作られた鎌。
質の良い黒曜石を刃に柄も漆黒の細工が施してある斧。
その他もどれも質の高いものばかりだ。

どれか目に留まったものはあったかな?
…ん?ああ、その双剣か。
それは砂竜の両腕の骨を鍛えて作られてるんだ。
とても軽くて丈夫でね、そこらのなまくら剣なんかとじゃ比較にならないよ。
しかし、それはお嬢ちゃんにはあまりお勧めできんが…
あ、いや、品はいいものなんだがな、どうも、こう、地味じゃないか?
お嬢ちゃんにはもっとこう華やかな…そうだ、この小刀なんかどうだろうか?
刃が透き通ってるだろう?
氷結石というので出来ていてね、お嬢ちゃんにはきっとこういったのの方が…

……

分かったよ、だからそんな目でワシを見ないでおくれ。
はは、そんなにそれが気に入ったのかい?
なに?これなら扱えそう、だと?
へぇ!お嬢ちゃんは人型に変化出来るようになったばかりなのか!
懐かしいなぁ、ワシの友人にもいたよ、元々そいつは狼でね、人型に変化出来るようになったばかりの頃はとても苦労していたよ。
手の使い方に難儀しているだろう?はは、やっぱりな。

よし!気に入った、この双剣はお嬢ちゃんにやるよ。
なぁに、お題は結構。ワシのおごりだ。
…!っとと、はは、こらこら抱きつくでないよ。
ワシにはちょっと刺激が強過ぎるのだがね?


その双剣は「骨砂子」(ほねいさご)と言う。
その色を見れば察しはつくだろう?
大事にしておやり、そいつは幸せ者だ。
うん?ああ、大丈夫だとも、お嬢ちゃんならすぐに使いこなせるようになる。
ワシの目に狂いはないさ。
続きを読む
03:18 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

青い空は、碧いままで

ドアを開けると、そこに立っていたのは少し年をとった品の良いご婦人

「呼鳩…さん、で宜しいでしょうか?」
続きを読む
23:39 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

ーー

窓辺で微睡む猫が見る夢は

遠い昔の儚い ーー

IMG_000067.png

続きを読む
01:04 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

災いの塔、最上階

のぼりに登って災いの塔100階
ここまで登ってくるのに相当時間がかかったが、ようやく最上階へ到達出来た。


続きを読む
00:01 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

淀んだ血

ー…ならぬ、断じて許さぬっ


何故だ?許されないのなら出てゆく、それだけの事だろう?

続きを読む
23:23 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

とある1日

テントの主である猫は戦場へ

静まり返ったテントの中
脚の低い机の上には不在である事を記したメモが一枚


それと



薄紅色のメッセージカードと、いつもより綺麗な封筒に入った手紙



猫がこれらを読むのはいつになるのか
きっと喜ぶに違いない、あの綺麗な目を輝かせながら
書いてある内容はどちらもそんな内容


ここの主はとても幸せ者のようだ
少し私は羨ましい
23:54 | 時の一部 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。