スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

一枚の広告

先日、宣伝用のチラシを貰ったの
『丸清さあかす』って書いてあるサーカスのチラシ
ウチってばサーカスなんて観た事無いから凄い興味あって
早速観に行かなくちゃって、よくチラシを見ずに行っちゃったの

洞窟にいろんな色のテントがいくつも張ってあって凄く華やか
でも、お客さんらしい人なんてちっともいなくて
うわぁー…やっちゃった って思ったのよ
ウチがおろおろしてグルグルそこら中回ってると、テントからこの前このチラシをくれた栗毛で和装のお姉さんが出て来たから、思い切って咥えてきたチラシを見せて、公演はいつ頃なのか聞いてみたの
そしたら、向こう側もうっかりして公演日を書いてなかったみたいで逆にお礼言われちゃったよ
にゃふふ、何故か良い事した気分っ

そうそう!それでね、せっかく来てくれたんだからって…お魚もらったのよっ!!
お魚は生でも焼いても煮ても大好きっ 美味よねっ 美味っ
嬉しすぎてはしゃぎ回ってたからウチの鈴、チリンチリンうるさかったかなぁ?(苦笑
帰りにでも食べてねって言われたけど、どうやって食べようか考えてるうちにテントについちゃったのよ
…うーん、やっぱ生かなぁ♪
99.png


サーカスの公演は12月に入って少ししてからだって言ってた
にゃふふ、楽しみ楽しみっ

そう言えばあの栗毛のお姉さん(ウチの方が歳は上だろうけど)
ちらりと見える鱗が魅力的だったなぁ…(うっとり
スポンサーサイト
00:20 | 日記 | comments (2) | trackback (-) | edit | page top↑

ほのかな香り

ちょっと前、六識さんの部屋にお世話になってた時に灯っていた蜜柑色のロウソク
なぁちゃんが手作りしたものだって言うからとても納得したの
ほのかに香る柑橘の香りはなぁちゃんそのものだったから
ウチはあの香りが大好き、なんだかとっても落ち着くの
猫なのに柑橘系の香りが好きなんて可笑しいかな?

その話しをした数日後、なぁちゃんが手に持って来たのは…
あの蜜柑色のロウソク!
しかもウチ用にわざわざ小さいのを作って来てくれて、なんてお礼を言っていいのやらっ
ウチは炎は苦手…っていうか少し怖いのだけど、ロウソクにゆらめく小さくて静かな炎は好きよ
少しずつ、大切に使わせてもらうねっ
続きを読む
15:30 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

友達

彼が姿を消してから、もう何日も経つ…
いつのまにか彼のテントも無くなっていて、もっとよく辺りを探していれば、もっと声を枯らしてでも名を呼んでいれば…なんて後悔するばかり。
もしかしたらすぐに見つけられたかもしれないのに。

あの時、六識さんに『大丈夫、誰も欠けたりするものか』って言って貰えたから、なんとか正気を保ててたのよ…ムゾリンまでいなかったからね。
…そう言えばムゾリンには彼がいなくなった事を伝えてなかったな、体調が万全では無かったし、ムゾリンの事だもの自分の身体なんて投げ出してでも探しに出ると思ったからね。
もしもそれで2人とも危険な目に遭って共倒れ、なんて事になったら洒落にならないものっ

今頃どうしてるんだろう…
ドラバニアの冬は厳しいって聞くの、とても寒くて雪が凄く積もるって
それに…戦争が激化していて、敗戦国も多数
お世辞にも治安が良いとは言えない状況で…今の彼は言葉が不自由なのよ
…嫌な予感が当たってなければ良いのだけど…まぁ、ウチの予感なんて当たった事は無いのだけどね。

出来るのならば、今すぐにでも探しに出たいわ。
でもこの広い大陸、闇雲に探すのはあまりにも無謀過ぎるし、今の時期だと命を落とす…なんて事になり兼ねない。
…こんな時、ウチの半端な身体が恨めしく思えるわ。
ウチは犬科の方々ほど鼻は利かないし、この小さな羽では空を飛んで探す事も出来ない。
なんにも役に立たないの。

ねぇ、寒くないかしら?怪我はしていないかしら?嫌な思いをしてはいないかしら?
ルドラムは負けてしまって、お城も城壁もボロボロだけれど、ムゾリンも六識さんもウチもルドラムの皆も元気よ。
皆心配しているわ…ねぇ、どこに行っちゃったの…?


ウチはまた、待つ事しか出来ないのかな…?
17:58 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

青い封筒

そんな、あまりにも急すぎないかな?

だって、先刻までウチのテントで一緒にシチューを食べて
『これって おうちで デートッ!!?』
ってたわいもない話しで盛り上がって、普通に
『そうだ! 暖かい季節になったら、ピクニックに行きませんか!』
って、一緒にお弁当もって出かけようって……普通の会話よね?

この封筒に書いてあるような事なんてちっとも…
にゃふ、マエルさんらしいと言えば、マエルさんらしいや
ちょうどルドラムを旅立つ時もこんな感じだった…や、あのときは挨拶してたっけ
ただ、今回は暖かくなるまで帰って来ないだけ
彼…彼女の事だもの、きっと桜の季節の頃には
『ただいまもどりました』
って笑顔で言ってくれるに違いないのよ

だって、ピクニックの約束してるんだものっ
野花で綺麗な花輪を作ってあげる予定なんだもの

…暖かくなるまでちゃんと待ってるよ
マエルさんの帰りを待ってるから…
体調には気をつけて

いってらっしゃい
23:55 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

バトンが来ました

マエルさんから妙なバトンがまわって来たので早速♪
マエルさんの答え
質問内容は見せちゃいけないんだって
えっと…コレでいいのかな?

A1 舐めるし咥える、最後は歯を立ててみたりね

A2 にゃう!ちょうどこの前やってみたの、ちゃんと出来たわ、舌の使い方が重要よね

A3 アレは飲めないよ、美味しくないもの

A4 ウチ、なにも着ないから(笑

A5 そうね、白い液体?

A6 場合によって違うけどMね

A7 大きい方がいいわよね

A8 えっと、あれは確か5時間くらいだったと思う。最後の方寝ちゃって怒られたのよ(苦笑

A9 立ったり座ったり、そういう仕方もあるのよ

A10 どっちもだけど…前が好きよ

A11 いつもは消すわ、真っ暗。でもどんなとこでもおかまい無しなの(笑

A12 ウチ下手なのよね、だから両手。

A13 もちろん洗うわ、礼儀だと思うの

A14 なわ

A15 黒夜(お前は姉の名において強制!
   うーん、あとは皆まわってたりするし…気になる方は是非どうぞ♪
   一言くれたらお届けにまいりますっ
17:17 | 日記 | comments (5) | trackback (-) | edit | page top↑

もう平気

結構日にちが経ったからね、怪我はもう大丈夫
ちょっと毛の生え方がまだまばらだけどね(苦笑

あれは地雷を踏んで、必死でテントに帰って来てしばらくしてだったかな
燐さんがちっちゃい身体でお花を持って来てくれたの
『燐の愛毛皮が血まみれに!!』
Σそこなのか!?…って突っ込みたかったけど無理だった(笑
絆創膏もくれたけど…燐さんサイズじゃウチ使えないよ…!
実は鼻息でどっかに飛んでっちゃったっていうのは内緒…っ

ウチがテントで「病院行かないとなー」って思うのに動けないでいたら
ムゾリンが連れてってくれたのよ、気絶でもしてたのかな?気付いたらアンム先生が目の前にいて『回復成功にゃにゃにゃ』って言ってるトコだった。
ムゾリンてば自分だってまだ足引きずってるくせにウチの事抱えてくれて
…ありがとう、ほんと助かったの。
にゃふ、相棒に助けてもらうなんてカッコ悪いかな?

病院から戻って包帯ぐるぐる巻きでテントに居ると
マエルさんがシチューを持参して来てくれたのっ
…そのまえにこっぴどくお説教されたけど…っ!
ごめんってば、心配かけてホントにごめんっ
出来るだけいつも笑顔でいるようにするから、ね?許して?(下から覗き込み

クインクさんもほくほくのお芋をくれたの
ウチ猫舌で熱いの苦手だから皮剥くのに時間かかっちゃったけど、ちゃんと美味しく頂いたのよっ(にこ
大丈夫!クリスマスの仕立てにはもう支障がないからっ(ただ針を肉球に刺すのはしょっちゅうだけど…!
頑張って皆を仕立てなくっちゃ!


みんな、ホントに心配かけちゃってごめんっ
もう踏まない事を祈るばかりだわ…!

(ホントは絵も描きたかったのだけれど…ごめんちょっと無理っぽい!)
23:34 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

黄色いボタン

94.png


のぼりに昇って災いの塔65階
昨日上への階段を見つけて、新しい階を探索しようと足を踏み出した矢先だったの
前後の記憶が曖昧で確かではないけど、多分なにか考え事をしてたように思うわ
注意が散漫になってたの

カチッ

足下でなる硬質な何かを押した音
直後、身体が吹き飛ばされて…気がついたら床に倒れてた


あれだけ人には"踏むな"って言っといて、自分が踏んじゃうんだもの世話は無いわ
そこからどうやってテントに戻って来たかなんて覚えてないの
ただ痛くて、血が流れすぎたのかもしれない、頭がぼーっとして
アレがショックだったのよ、ウチの大事な鈴が…壊れちゃって…
インプに持ってかれるかもしれないからいつもは外してるのに、今日に限って何故か付けていっちゃったの
金具がバラバラになっちゃって… すぐに直してもらえるようにお願いに行ったのだけど…血だらけで行っちゃったから吃驚させちゃったかなぁ
ちゃんと、元通りに治ってくれると良いのだけれど…

病院にはちゃんと行くつもり
だってウチには今仕事が沢山あるんだものっ
休んでなんかいられないのよっ
ただ、ちゃんと病院まで歩いていける自信が…いや、頑張る、うん

…でも明日…ね  今はちょっと…ねむ…い…
23:50 | 日記 | comments (4) | trackback (-) | edit | page top↑

ハッピークリスマス!

93.png


ハロウィンにつづいてクリスマスも仕立て屋さんしちゃおうっ!
ってことでルドラムの絵師団で顔絵を運ぶサンタさんをすることにっ

さぁて、早速仕立てを……と思ったら、ハロウィンの時に使った針と糸がないじゃない?
必死になって探したけど何処にも無くて
そしたらちょうど良い時にりんりんさんが"これ、扱えるかな?"って針と糸をくれたのよっ
流石りんりんさん!ウチの欲しいモノなんてお見通しなのねっ(違

張り切って仕立て開始っ!


……プスッ


……サクッ


………ーーーっ!!

あれ?ウチってばこんなに不器用だったっけ!?(前足には多数の絆創膏
ぶ、無事に皆を仕立て終われると良いのだけれど……(不安
23:42 | 日記 | comments (1) | trackback (-) | edit | page top↑

柑橘の

ウチが洞窟から帰って来たら、メモが一枚机の上に。
氷凰さんからで、"呼鳩さんも ちゃんと帰って来てね"って
あまりにもいきなり出て行ったもんだから、ウチまで皆に心配かけちゃってたみたい
…ごめんね、残される方の気持ちは分かってたはずなのに
でも、心配してくれて有り難うっ
ウチなんかでも心配してもらえるんだって…変だけど嬉しかったの
今度はウチもごちそうになりにいくのよっ 
うんと美味しいのをお願いね?

しばらくすると、なぁちゃんが来てくれて
六識さんのトコに居た時にウチを見かけたって言うの
にゃう、恥ずかしいとこ見られちゃったね
それで声をかけられなかった事を謝ってくれて…そんな謝らなくてもいいのにね
ウチこそゴメン…って謝ろうとしたら、抱っこして"ぎゅっ"ってしてくれたの
なぁちゃんの柑橘の良い香りがして…うん、やっぱりウチこの香り大好きっ
大丈夫、ムゾリンも帰って来たしね!ずっとめそめそしてなんていられないのよっ
なぁちゃんの笑顔も見たいしね?
92.png
23:34 | 日記 | comments (3) | trackback (-) | edit | page top↑

おかえりなさい

あそこから帰ってくるのは実はかなり大変だったのよ?
"いきはよいよい かえりはこわい"
どこかの歌が頭に浮かんだわ(苦笑
いくら毛皮っていう天然の外套があってもウチは短毛種だもの 寒さには強くないのよ
…凍え死ぬかと思った…!
今思うと、かなり無謀だったのよ



おかえりなさい



本当に無事で良かった…!帰って来てくれて良かった…!
あんなところで…寒かったでしょう?人一倍寒いの苦手なのにね
どれだけ心配したかなんて言わないわ、だって恥ずかしいもの…っ

今はゆっくり休んでね

……とりあえず、ウチはこの緩みきった涙腺をなんとか元に戻さないと…
今は嬉しいんだけどなぁ…っ
22:13 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

あるはずの無いページ

こっそりと、隣の相棒の部屋へ入ってみる
やはりそこに家主の姿はない
また、泣きそうになる。どうやら涙腺が緩んでしまっているようだ

……?

ふと、昨日と部屋の様子が違うのに気付く
日記が…新しいページが増えている あるはずの無い新しく書かれたページ


……っ!!


居ても立ってもいられなかった
ものすごい勢いで部屋に置いてある香をありったけとマッチを愛用の風呂敷に詰め小屋から駆けて出て行く
何処にそれがあるかなんて書いてなかった…が、なぜか不思議と足が動いた

90.gif


香以外のモノは用意している暇など無かった
早く行って確かめたかった”本当に”無事なのか
でも気をつけなければいけない

『気取られないように』



駆けている最中、心の中で叫ぶのは 猫の唯一人の相棒の名前
02:39 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

夜明け前

明け方、まだ陽も昇っていない時間に目が覚めた
いつもと違う風景、少し記憶をたどるのに時間がかかった

「そっか…ここムゾリンとこの…六識さんの部屋だっけ」

昨日、ルドラムの軍関係者と言う人に聞かされた話はあまりにも理不尽で
押し止めていた感情を六識さんにぶつけてしまったような気がする
(泣きながらだった為たいした事は言えていないのだが)
でも、彼は
『大丈夫…大丈夫だから』
そう言ってウチが泣き疲れて眠るまでずっと、頭を撫でてくれていた
彼の姿が見当たらないのは、きっと勤務に出かけているから
六識さんの生活時間帯は夜だもの

「ウチも、勤務 行かないと…」
落城した自国はゲリラ攻撃を展開してる
あまり、こういった行為は納得いかないのだけれどやるしかない
相棒であるムゾリンがいない分、ウチが2人分の成果を上げないと…
これであの話がどうこうなるとは思ってないけど、やらないよりはマシだと思うから


そして当分、自分のテントには戻らない
せっかくだから六識さんの好意に甘えさせてもらおう
どうしても一人だと悪い方へ考えてしまうから、不安で気が狂いそうだから

なによりも今は、誰かに 大丈夫 だと 心配いらない と言っていて欲しいから…
18:52 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

窓の外

雨が降ったの こんな時に
彼は極端に水を嫌うの それは彼の特異な身体の為なのだけれど

雨が降ったの こんな時に
彼がもし屋外にいたら?彼がもし、怪我でもしていて動けなかったら?


『 ”持っていかれる ”気がする 』


前に彼がそう言ってたのを覚えてる

雨が降ったの こんな時に
この時期 雨は雪へと姿を変える
ああ、彼は寒いのも嫌いなのに…


「ムゾリン…今どこにいるの…?」
17:12 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

陥落

ルドラムが 我が国が 陥落した

あれだけ膠着状態が続いていたのに
ここ数週間であっという間に城壁は削れ そして…

国は落ちてしまったけれど、また立て直せる
幸いにも会議室は残っているし、どうやら皆も無事なようだし


そういえば…相棒が見当たらない
たしかに一緒に攻撃勤務についたはずなのに
はぐれてしまっただけなんだろうか、いままでそんな事は無かったのに
それとも…
いや、彼はそんなに簡単にどうこうなるような人じゃない
そのうち何事も無かったかのように帰ってくるに違いない

そうに違いないのよ…っ

 また、待つことしかできないのね
20:50 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑



(日記は1ページ急いでちぎり取られている)

(破りきれなかった切れ端に新しく文字が)


  …誤解…  でも心配で…  …て

 …ありが…う  … ゃんと…  
 
      帰って  …って  から


(所々肉球でインクが擦れたのだろう 読む事が出来ない)
21:58 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

飴ちゃん

80.png

ゼブリンから飴ちゃんを貰ったのっ
砂糖と水だけで出来たシンプルな飴ちゃん

早速頂こうと思ったのだけれど…どうもね、こう、コロコロしてるモノ見ると、自然に前足が動いちゃうのよね(ちょいちょい
気付いたら、当初の目的(食べる事)忘れて夢中で遊んでたっ

大丈夫、ちゃんと美味しく頂くのよっ!(ひとしきり遊んでからね
20:58 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

ちょっと愚痴

愚痴っていうか文句っていうか…一緒か(笑
にゃう、見ない方が良いのよ。だって多分みんなには関係ないから。
名前も知らない人への愚痴。
続きを読む
21:18 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

落書き

またしても朝起きたら手紙が置いてあったの。
差出人はジャスさん

『せっかくハロウィンですから悪戯をしに来たのですよ…
 お友達に油性マジックを貰ったので…それを使って…
 (部屋の隅に控えめに落書きを始めた。
 最近父親から教わった自分の名前を描く落書きの仕方)
  
  『ジャス参上』
 
 落書きって…あまりしたことがないので…これでいいのかな…
 …お家のどこかに落書きをしたのです…
 さて…どこに落書きをしたでしょう、なのです…』


Σえ”、ちょっ、うそ!?(部屋中キョロキョロ

……!あった!(部屋の隅っこにちょこんと申し訳なさそうにとても小さく書いてある
にゃう(くすくす)こんなに可愛らしく…ジャスさんらしいや(にっこり
うーん、消すのももったいないから、記念に残しとくのよ♪

にゃふ、今年のハロウィンの記念っ
可愛らしい悪戯ありがとうねっ(くるっくー♪
20:37 | 日記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。